感じる

すべてのものが感謝の対象であるにもかかわらず、当たり前になりすぎて感謝を忘れ、私たちは幸せを感じなくなっているのかもしれません。

それどころか、幸せになるためには『あれもほしい、これが足りない』と言って、ずーっと何かを求め続けたりします。

幸せというのは、今、自分が置かれている日常そのもの。何も起きないことがどれほど幸せであるかということに、なかなか気がつきません。

毎日が、ただ淡々と平凡に過ぎていくことが、実は幸せの本質なのだそうです。幸せというのは、何か特別なことが起きることではなく、何も起きないことが幸せの絶対的本質です。

幸せとは、いいことが起きるとか、楽しいことが起きるのではなく、自分にとって、いわゆる面倒なこと、大変なこと、汗をかかなくてはいけないこと、神経を使わなくてはいけないことなどが、何も起きないこと。それこそが最大の軌跡です。

幸せの本体というのが、どこかにあるのではなく、自分が幸せだと思うだけ。そう思った瞬間に幸せが百パーセント。

 

松戸デリヘル おもてなし処浮田

貴女も浮田で楽しく働いてみませんか!