いい加減に生きる

新年を迎え『今年はやるぞ』などと誓いを立てた人が多いかと思われます。英国の民間団体は、『無理な誓いは立てないで』と呼びかけているそうです。達成できずに精神的に落ち込んでしまうことが心配されるからといいます。

その民間団体によると、英国で約七百万人が新年の誓いを立てると推測されているが『自分は太っている』『自分は不幸だ』といった自己否定に基づく誓いは、それだけ軽度のうつにつながる可能性がある。

また、新年の誓いが達成される人は、十人に一人という過去の研究を参照し、多くの人は『あきらめた』『屈服した』と感じており、精神健康上マイナスと指摘しています。

『自分は太っている』『不幸だ』だからああしたい、こうしたいという望や誓いは、すべて自己否定からきています。

『夢』『希望』『誓い』と言葉はさまざまですが、どれも現在の自分を否定することから始まっています。

無理な誓いを立てずに『いい加減に生きる』という方向に切り替えてみてはいかがでしょうか。

『いい加減』という言葉は、本来、『良い加減』つまり『ちょうど良い』というものです。

いい加減に生きるとは、適度に良い加減で生きるということです。力を抜いて、楽に生きてみてはどうでしょうか。

 

松戸デリヘル おもてなし処浮田

貴女も浮田で楽しく働いてみませんか!