子供

子供が未熟なのは当たり前です。

未熟だから子供であり、完成度の高い子供などいません。

子供の未熟な部分をいくつも見つけて、感情的に怒るということは、逆にいえば怒った分だけ未熟な親がいた、ということになります。

子供が未熟なのは当たり前ですが、大人の未熟は未熟に過ぎません。

そもそも人間は、生まれてきた時には三つの感情しかなかったようです。

一つめは、穏やかに眠っている時の『安らぐ』という感情。

二つめは、おなかが減ったり、おしめが濡れた時など、欲求を訴えるための『泣く』という感情。

三つめは、笑顔です。

怒ったり、悲しむといった感情はありません。

私たちは、いつから怒ったり悲しんだりするようになったのでしょうか。

それは後天的に親や他人、社会から刷り込まれました。気に入らないことがあると腹を立て、自分の思いどおりにさせるという方法を学んでしまいました。

親が怒ると、子供は口答えをしなくなります。怒ることで、相手を自分の思いどおりにさせる方法を教えてきたのです。

子供は親の未熟な部分を教えてくれる教材です。ですから、どんな場合も叱ったり、怒鳴ってはいけません。

どんな時でも、笑顔で、優しく伝えていく。それが大人です。

これからは笑顔で語りかけてみませんか。

松戸デリヘル おもてなし処浮田

貴女も浮田で楽しく働いてみませんか!