神を動かす

神様を動かすには、お願いごとをしてもダメなんだそうです。

『自分の人生が思いどおりにいかず、辛いので何とかして下さい』と言っても、神様は聞いてくれません。

面白がること、楽しむこと、幸せに過ごすことこそが、神様を動かすために有効な手段らしいのです。

『人生が面白くて、楽しくて、恵まれているものがたくさんあって、とても幸せです。神様ありがとう』と言っていると、神様は『本質がわかったんだな』と思い、もっと味方になってあげよう、と考えるそうです。

もしかすると神様はとことん不公平なのかもしれません。というのは、悲しがって辛い辛いと言っている人には、何の関心もない。神様に愚痴や泣き言をいくらぶつけたとしても、聞く耳を持ちません。私たちの生活の中で神様を味方につけるための、非常に重要なポイントです。

本来、神社仏閣はお願いを伝えるところではなく『自分がどれだけ恵まれているか気づきましたありがとう』とお礼を言いに行くところです。

私たちが人間や、動植物に向かって『ありがとう』と言うと、神様は自分に向けられた言葉だと認識します。ですから、たくさんの『ありがとう』が神様に届くと、この人間に何かしてあげようかなと思うようです。

『ありがとう』という言葉に一番反応する神様は、天照大神。

この神は『あまねく照らす』ことから『アマテラスオオミカミ』と呼ばれています。私たちは神様から見るととても小さな存在です。しかし、一人ひとりが天照大神のように輝いて生きていき、その人がいることでまわりを明るく楽しく照らす、まるで小さな天照大神のような人がいたら、神様は嬉しいのではないでしょうか。

松戸デリヘル おもてなし処浮田

貴女も浮田で楽しく働いてみませんか!