お天道様

『お天道様が見ているよ。悪いことしちゃダメだよ。必ず見ててくれるよ』子供の頃、おじいちゃんやおばあちゃん、両親からこんな風に教えられた人も多いのではないでしょうか。

お天道様でなくてもいいから、自分なりの神様をなにかしら、自分のなかに持つことをおすすめします。そうすると、不思議といつも心が穏やかでいられます。

自分なりの神様を持っていると、だれも見ていなくても、悪いことができなかったり、いいことをしたら『えらかったね』って神様がほめてくれている気がします。

それとか、いいことをして神様の得点が増えていっているから、次はいいことがあるなと思うと、どんな時でも、どんなところでもがんばれます。

逆に、『なんで私にこんな悲しいことが起きるのだろう』と思うようなツラい時でも、『神様は絶対に自分のことは見捨てない、神様は自分に絶対悪いことを与えない、今の私を信じて見ていてくれる』と思ったら不思議と力がわきます。

人間、どんな時でも自分ひとりでがんばるより、自分を信じてくれる神様がいたら、乗り越えるパワーが出てくるものです。

自分なりの神様を持っている人と持っていない人では、心のおだやかさややすらぎや安心感がぜんぜん違います。だから、自分なりの神様を持つことをおすすめします。

でも。本当はだれも見ていないということは、ほとんどないですよね。家でも会社でも、道ばたでも、必ず見ていてくれる人がいます。

松戸デリヘル おもてなし処浮田

貴女も浮田で楽しく働いてみませんか!