脳天気

脳天気というと、普通は何も考えていないのんきな人と思います。

でも、脳をいつも天気にするにはすごい努力が必要になります。

脳というのは何も考えていないでいると不安なこと、必要ないこと、つまらないことばかり浮かんできて暗くなってしまいます。

脳はほうっておくと曇りだったり、雨だったり、時には嵐だったり、悪天候に向かいます。脳が勝手に天気になることはありません。

脳を天気にするのは、自分の意思。夕方を過ぎて暗くなったら、電気をつけるのと同じです。脳が暗くなったら、明るい言葉と笑顔で、脳天気のスイッチを入れて明るくしなければなりません。

暗い夜道を歩いていると、街灯や明るい光に虫が集まってきます。暗い顔をして、暗い話をする人よりも、明るい笑顔で、明るい話をする人が好きでひかれるに決まっています。

どんなに暗い人でも、自分より暗い人は大嫌いなものです。明るい人は、さらに暗い人が大嫌い。

性格まで急に、明るく変えようとは思わないで、笑顔にして、明るい顔に見えればいい。あとは、明るい言葉です。当たり前ですけど、言っている言葉が明るければ。誰からも暗い奴だなとは思われません。

周りがどんなに暗かろうが、自分一人だけでやり続ける。この世の中だって、明るい太陽がなくなったら、地球が滅亡してしまいます。

太陽のような明るい笑顔で楽しい話をしている人のもとに、みんな集まってきます。

松戸デリヘル おもてなし処浮田

貴女も浮田で楽しく働いてみませんか!